スポンサーサイト

  • 2015.02.03 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


年の最後に…ちょっと良い話

 

さてさて早いもので、2012年も残すところあと1日。
お陰様でsoraniwaもつつがなく、3回目の年越しを迎える事ができました。

あまりマメにデータを作成している訳ではないのですが、
ざっくり計算して、今年一年soraniwaにご宿泊いただいたお客様は延べ約1,000名程(!!)、cafeにご来店いただいた方を含めると何と延べ5,000名程(!!!!)となります。
あまりの数字の大きさに驚愕するばかりですが、来ていただいたお客様の顔を思い出しつつ感謝するばかりです。
今年一年soraniwaをご愛顧いただき、有り難うございました。



しばらくブログもアップしておりませんでしたが、12月は2週間程お休みをいただき、お父さんは東京に買い出しに、お母さんは骨休めに海外旅行へと繰り出しておりました。
東京の滞在は僅か1週間程でしたが、相変わらず昼は合羽橋やらIKEAさんだったりに買い出しに、夜は旧友との再会で飲み続ける日々で、慌ただしくも楽しいひとときでした。
それにしても1週間で8鍋という暴飲暴食は、大分腹回りをヤバくしてしまいましたが…。




さてさて年の最後にちょっと心温まるお話を…。
写真のめちゃめちゃ可愛い仔犬。
soraniwaについ先日ご宿泊いただいた、遠くベルギーからお越しのカップルが
伊良部島の公園で拾ってこられました。
公園近くにいた人達にも拙い日本語で随分聞いて廻ったらしいのですが、親犬も飼い主も見当たらず、寒さで震えていた仔犬を見過ごす事が出来ずsoraniwaまで連れてこられたという訳です。

3日間の滞在中、僕らもいろんな人に声をかけてまわったりしたのですがなかなか飼い主も見当たらず、諦めかけた最終日前日にfacebookで島の友人に呼びかけてもらったところ、『もしかしたら◯◯さんところの仔犬かもしれない…』とのコメントが。
急いで仔犬を引き連れ、その方のお家に伺うと飼い主さんらしき人は不在も、そのご家族が快く引き取っていただけました。
普通はこれで一件落着という話なんですが…。





こちらのベルギー人カップルのお客様は2日間、この可愛い仔犬の世話してすっかり心を奪われてしまって、犬を引き渡してからは泣きじゃくるばかり。
その夜遅くまでいろいろ彼等と話していると、『もし飼い主さんが誰かにあの仔犬を譲る気があるのなら、私たちに譲ってはもらえないか』と切り出されました。
その後も大分時間をかけて話しましたが、彼等が本当に真剣に仔犬を育てるつもりがある事と自国まで連れ出せる事務上問題はないかを確認した上で、それでは飼い主さんに相談してみましょうとの話に。

翌朝すぐさま大使館に確認をとり、大きな問題は無さそうとのことで、急いで飼い主さんにお話を伺いにいくと、実はこの仔犬飼い主さんの仔犬ではなく、その兄弟が産んだ仔犬だとの話。さらにはその親犬がつい先日亡くなって、この仔犬は本当の孤児であるはずとのこと。
勿論誰かが引き取って育ててくれれば嬉しいとのお話もいただいて、急遽この仔犬はこのベルギー人カップルが伊良部島からベルギーまで旅立つ事に相成りました。

その後も手続きやらワクチン接種やら何ともまあ慌ただしい伊良部島出発となりましたが、彼等が満面の笑みと仔犬(Kanji<漢字?>と名付けられました)が彼等の腕の中で安心して眠り込んでいるのを見て、僕らもとても幸せな気持ちになる事が出来ました。


ちょっと長いお話でしたが、お付合いいただき有り難うございます。
2013年もどうぞsoraniwaを宜しくお願いいたします。



旧友再会




11月も終わりに近づき、そろそろ内地では年末モードに入る時期だと思いますが、
今年の伊良部島の秋は好天に恵まれる日が多く、今更ながら島遊びに興じてます。
写真は10月末ですが、宮古島でまた新たに誕生した音楽イベント『ミャーク3』。
好天の中久しぶりの音楽フェス、存分に飲んで、踊って…。
やっぱ楽しいな…。




11月でも海遊び。
今年2回目の海遊びでしたが、以前東京で開いていたカフェのお客さんがわざわざ訪ねてきてくれて、久しぶりのBONITOツアー、一緒に楽しませていただきました。
パドルボートに、シュノーケリング…



綺麗な洞窟探検に…



岩場からのダイビングと内容盛り沢山で遊び倒しまくり。

そして最後はやっぱりコレ。




やっぱり飲み〜ぃ!!
RYOちゃん、良い顔してますねぇ。笑
BBQから、W氏のストイック筋肉ラブのお話までこちらも内容盛り沢山でした。
BONITOの皆さん、楽しい1日を有難うございます。



そして最後は3日間滞在してくれた旧友達ともお別れ。
3日間好天に恵まれ、遊び倒せてホント良かったです。
また遊びにおいで〜。


<冬期休暇の告知>
大変申し訳ありませんが、メンテナンスと冬期休暇を兼ねて
下記の2期間ホテル及びカフェの営業をお休みさせていただく予定です。
何卒ご理解の程お願いいたします。
・2012年12月5日〜20日
・2013年1月26日〜2月中旬を予定


ゆーくい

 
10月は祭り事の時期と書きましたが、
僕らの住んでいる集落で最も重要な祭事『ゆーくい』が先日執り行われました。




この神事の時だけは、カフェも臨時休業。
年に一度この時にしか入れない各部落の御嶽(神様の場所、聖域)を巡って、
島の恩恵を感謝し、また豊かな1年が来る事を祈願します。

特に僕らの住んでいる集落では、この日1日だけで6カ所もの御嶽を廻ります。
それぞれの場所にはそれぞれの神様がいて、それぞれ少しづつ異なった方法で
お祈りを捧げるとても複雑なものなのですが、島の先輩達に手招きされ、
見よう見まねでお祈りを捧げます。




ところによっては島の大先輩が相撲をしたりと、時に賑やかな側面もありますが、
僕らの集落ではそのほとんどではとても神妙に、そして荘厳に祭事が粛々と進みます。




着物を羽織った女衆は、神歌を歌いながら、静かに舞いを踊ります。
島のふるい言葉で綴られている歌の意味は全く分かりませんが、
僕はこの歌をいつも目をつぶって聞いて、何かが浄化されるような、
時に神聖な面持ちを感じる事ができます。




特に島で一番好きな光景がこちら。
毎年夕暮れ時に訪れる下地島の御嶽(ぱいぬふし)に入る時、
神様の言葉を司る司衆が砂浜を歩いていく光景。

毎年この光景見るたびに、何か熱いものがこぼれ出てくる感覚になるのです。
うまくは伝えられないけど、何か特別なもの…。




島の神様、今年も有難うございます。
結来い(ゆーくい)!!




10月雑記

 
さすがの南の島でも10月になると季節の移ろいを感じます。
そして島ではこの時期はいろいろな祭り事などのシーズンでもあります。




9月末から10月頭にかけて台風の合間を縫って行われた、こちらはミャークヅツ。
毎年恒例の海の男達とそれを支える女衆の踊りには、
海人達の熱い血潮と誇りがこの島に脈々と残っている事を感じさせてくれます。




こちらはsoraniwaスタッフのMIHOちゃん一行が島で行ってくれたダブルダッチショー。
今年の夏、soraniwaにnewスタッフとして参戦してくれた彼女の元キャリアは、
実は日本初のプロダブルダッチチームの元リーダー。

世界一にもなったことのある彼等の妙技をこんな田舎の島で見られるとあって
島の各所で開かれたショーはどこも大盛況。
お世話になった島に少しでも恩返しをと頑張ってくれたMIHOちゃんやRYUちゃん、
格好よかったです。どうも有り難う。
特に島の子供達に囲まれたMIHOちゃんはすっかり歌のお姉さんみたいでした。




そしてこんな事もありました。
soraniwa2度目の迷い犬騒動。

(前回騒動はこちら↓)
http://otonahotel.jugem.jp/?search=%B8%A4&x=29&y=14

今度は子犬ではありませんでしたが、
ちゃんと首輪もついている飼い犬なので直ぐに飼い主のもとに帰るか、
迎えにきてくれるかと思いつつ、丸3日間soraniwaに居付かれてしまい…。
飼い主探しに奔走しながらも、またしても人懐っこいワンちゃんに心弄ばれ…。

最後は通りがかった島の知り合いが元の飼い主を知っているという事で、
無事引き取っていかれました。

それにしても犬も人間もよく迷う島だこと…。笑




最後は夏のお疲れさま会。
夏の繁忙期がひとしきり終わったということで、
今年の夏、soraniwaを支えてくれたスタッフ一同でお疲れさま会。
各自持ち寄りでテーブルにはたくさんのお料理と笑い声。
みんなお疲れさまで、ありがとう。

島にも徐々に本来の静けさが戻り始めて、そろそろ酒飲みの機会も増えそうな予感です。


台風17号

 



先日の大型台風17号が宮古島地域を直撃。
久しぶりの大型台風直撃とあって、島にも大きな爪痕を残しました。

9月28日の夜に925hPaの猛烈な勢力で最接近した台風は、
夕方くらいから風の勢いが増し、8時くらいにはやはり停電。
中心が過ぎた直後には風速50メートルを超える猛烈な吹き返しの風が吹き荒れました。

あまりの風の轟音と、サッシなどが震える音にほとんど夜も眠れず、
建物の状況など確認したくて外に出たい衝動に駆られましたが、
あまりに危険なので我慢し、少し風の止んできた朝方やっと外に。

何度か経験を重ねた成果か、大きな窓ガラスがある南側からの風ではなかったせいか、
幸いにも建物には大きな被害はなく、屋上に結んであった目隠し板がほどけ数枚落下した程度で済みました。

そこで早速、島の状況を確認とパトロール。




あちこちで大木が倒れていたり、冠水していたりして
普段通り慣れた道も通行できません。
(この後半日でほとんどの道が通行できるようになったのはさすがですが…)




サトウキビも風が抜けるところはほとんど横倒しで、農業被害も深刻です。

集落の方でもトタン屋根なんかは飛んでしまったり、
病院の自動ドアは風で破壊されたり、島友R君の置止めしてあった車などは
錆びていたせいか天井だけ吹っ飛んでオープンカー状態になったりと、被害は様々。

また深刻だったのは停電で、当初情報では4日以上復旧に時間がかかるかもとの情報。
さらには断水にもなって、完全に被災地としての様相です。

こんな時にこそ島人ならではゆいまーる精神。
島友が断水の隙間を縫って貯めた水をポリタンクで持ってきてくれたり、
みんなでローソク灯りのもと闇鍋(ホントの意味で)をつついたりと、
大変なまでもあくまで楽しくみんなで乗り越えます。

いつまで続くか分からない停電だったので、唯一の情報源、携帯電話を
バッテリー充電して、フェリーが再開したら直ぐに電気の復旧した宮古島に渡り、
大きな板氷を買い、心配だった冷蔵庫の食材を何とか持たせよう東奔西走。

何とか電力会社社員さん達の奮闘のおかげで丸2日間の停電で済み、
電気がついた時には本当に狂喜乱舞。
当たり前に使っていた電気や水の有り難みを、本当に痛感した2日間でした。




実は4日経った今もまだ固定電話が復旧されていないのですが、
とりあえずスタッフ総出で大掃除をして昨日からホテルも再開。
カフェは10月5日からの再開とさせていただきますが、
とりあえず元気でやっておりますので皆様ご安心ください。


<追伸>
何だか最近台風記事ばかりになっていますが、ハイシーズンの夏時期には
台風の時間がある時にブログをアップしているのでご容赦ください。
平時は穏やかな海が貴方をお待ちしてます。


夏休み??

 



今年は随分夏休みをいただいているsoraniwaです。
…というのも、近年にない数の台風が接近したりしているからなのですが…。
幸いにも今年は直撃があまりないので被害はないので皆様ご安心を。

さてさて台風でフェリーがとまったりすると、
残念ながらお客様もお越しいただくことが出来ないため、
我々は静かな夏の夜をすごしています。

嵐の前の夕焼けはこんなにも綺麗だったりして、
これは島に住んでるものならではの特権ですかねぇ。




勿論台風対策もちゃんとやってます。
更なる新兵器、飛散防止のネットも購入し、スタッフ総動員で繋ぎ合わせて、
大きな窓ガラスを守ります。


やることやったら後は飲むしか…。

夏時期には普段なかなか会えない島友達と飲んだり、
いろんな会席にお呼ばれだってします。




こちらは先日の敬老感謝の日のとある会席。
お世話になったおじいが米寿を迎えたとあって公民館を貸し切っての大宴席。
何と参列者400名余り。
これでも台風で宮古島からフェリーが止まっていたため、
来れなかった人が100名単位でいたとか。

すごっ!!




壇上ではいろんな演目が次々と繰り出され、まるで学芸会のよう。

琉球舞踊だったり…、




タヒチアンダンスだったりと趣向も様々。

何よりもみんなお世話になったおじいに楽しんでもらうため、
幹事のご子息家族が中心となって、こうした宴席がなんと三日三晩続きます。
我々はこの日体調も優れなかった為、そそくさと退散しましたが
ホント幹事の方々、お疲れさまでした。

おじいもおばあも元気で長生きしてくださいね。




そして先日、待望の初宮古島温泉!!
ご存じない方もいるかもしれませんが宮古島にも温泉があるんです。
意外にも本格的な施設で、なめるとしょっぱい濁った泉質の大浴場に、
うたせ湯、水風呂、電気風呂、サウナとフルコース満喫してきました。

これでシーズン後半に向けてリフレッシュ。
もうこれ以上、台風来てくれるなよぉ…。


台風の間に…

 

またしても…、ということになってしまいましたが
大型台風15号と迷走する台風14号の影響をうけ、
1週間ほどの台風休暇になってしまったsoraniwaです。

8月は今まで体験していないような台風の襲来回数で営業できたのも半分くらい…。
思わず頭を抱えてしまいそうになりますが、
島人はたくましくも台風の合間を縫って、恒例の七夕運動会は勿論決行です。




旧暦の七夕には必ず行われるこの運動会。
古くは戦前から、この運動会の場所が砂浜だった頃から実施していたという伝統の行事。

島人ぬ宝のちびっこから…



おじい・おばあまで元気に芝生の上を走ります。

僕らは台風対策を終えてからの、午後からの参加となりましたが、
飛び入りで砲丸投げやら夫婦リレーやらに参加。
鈍った身体ではあんまり貢献できなかったはずだったのですが…、

同じ地区分会の女性陣の活躍もあり、なんと数年ぶりの優勝です。




事前の決起集会では、とりあえず全種目参加が目標としていましたが、
これはヤバい、盛り上がります。




ということで夜はやっぱりオトーリ。
島の大先輩達に囲まれ数時間、祝い酒が何度も回り、
やはり前後不覚になったところで、相棒に接収されたのでした…。笑




最後は台風の近づく、渡口の浜での1ショット。
台風のうねりが入ってくると、普段穏やかなこの白砂のビーチは
どこからかサーフィンを楽しむ人で溢れます。
素人目からみると大丈夫かなぁと心配してしまうのですが、
これも台風名物ということで…。


台風後は…




7月の終わりから8月かけて、立て続けに台風が襲来。
幸いにも直撃は免れましたが、大しけのため宮古島とのフェリーは欠航し、
残念ながらご予約いただいたお客様も来島出来ず、しばしの台風休暇。

写真は普段穏やかな渡口の浜ですが、砂がなくなっちゃうんじゃないかと思うくらい、
強風で砂が巻き上げられています。



そして台風の後は恒例のお掃除、お掃除。
海にほど近いsoraniwaでは潮風をもろにかぶってしまうため、
建物全体に塩がこびりついて建物を傷めてしまうので、すぐさま高圧洗浄機を持ち出し、
窓ガラスや壁にこびりついた塩を洗い落とします。




カフェスペースの吹き抜け部分の窓ガラスは足場がないため、
屋上から手を伸ばして、こんな感じで洗浄です。
NEWスタッフK君の大きな身体がこんな時こそ役立ちます。笑
この洗浄作業にスタッフ総出で半日がかり。
この日は宿泊のお客様の午後のチェックイン時間にぎり間に合いました。
いやぁ、毎度のことながら台風あとは大変です。



そして、前回ご紹介したバナナの木はというと…

残念ながら強風とバナナの実の重さにポッキリと…。泣
台風前に支えの杭などうって、補強したりもしたんですが、
2年かけて実をつけてくれたバナナは収穫直前であえなく往ってしまわれました。

悔しいですっ!!(by ザブングル)

ただ木の足下には、子株が何本も生えてきてくれているので、
2世・3世の後継者に期待することにして、また気長に育てるということで…。




台風も過ぎ去った後は、昨年もお越しいただいた多くのリピーターの方が
嬉しいことに多くお出でいただいています。
しかも皆様、写真にあるようなお土産までご持参いただいたりして有難うございます。

S様には名古屋の銘菓を、K様にはおしゃれなお菓子からTシャツまで…。
何故Tシャツ…と思われるかもしれませんが、
冬場のシーズンオフにしか上京できない自分たちにとって、
おしゃれなTシャツも手に入らなくて…といった昨年の話を覚えていていただいたみたいで。
お気遣い本当に恐れ入ります。

毎回ご宿泊いただいているのに心苦しいのですが、
内地のおしゃれなものになかなかありつけない我々にとってはとても嬉しい限りです。
今度はお気持ちだけスーツケースに詰めていただいて、荷物も軽くしてどうぞお越し下さい。



花となり、実となり…


IMG_0192.JPG

7月は概ね好天の続いた伊良部島。
いらしていただいたた多くの観光客の方にも、
思う存分海遊びを満喫していただいたようで何よりです。

このままずっと好天気で…といきたいところですが、
やっぱりそうは問屋がおろさず、またしても台風が近づいているようです。
ご宿泊予定だった方には大変残念だったかと思いますが、
フェリーの運航が危ぶまれるため今日から台風休暇とあいなりました。
何とか無事早く過ぎ去ってくれるのを祈るのみです。


IMG_0193.jpg


ところで先日soraniwaに初めて一輪の花が咲きました。
soraniwaの庭には、芝生が敷き詰められ椰子の木が点在していますが、
花が咲くのは初めての事。
こちらに元々自生するアカバナー(仏桑花)を春先に植えたところ、
やっと一輪の花を咲かせてくれました。

正直今まで花というものを育てた事がなかったのですが、
やはりちょっと嬉しいものです。
今は小さな花一輪だけですが、ゆくゆくはもう少し多くの花を咲かせてくれると良いな…。
台風に負けず、気長にゆっくり育ってほしいものです。


IMG_0195.JPG

台風に負けず…といえば、コチラ。
写真で分かりますかねぇ。
バナナの花と実です。
soraniwa建築時に職人さんにいただいたバナナの木が約2年かけて
花を咲かせて、実をつけてくれました。
この2年間幾度も台風に見舞われ、駄目になってしまったかと思われたバナナだったので
コレには狂喜乱舞!!
バナナの実の重さで木が傾いてきていますが、収穫にはあともう少し。
何とか無事この台風を耐え抜いて、soraniwa初の果実の恵みをを届けてほしいものです…。



 

新婚さん、いらっしゃ〜い!!

 

先月の台風接近以来(今回は事なきで済みましたが…)、数週間ほぼ毎日のピーカン続き。
いよいよ本格的な夏シーズン到来です。

お陰さまで忙しい日々が続き、なかなかブログの更新もままなりませんが、
soraniwaに待ちに待ったNEWスタッフが2名も登場しましたので、取り急ぎご紹介を。




美帆ちゃんと紘一君、2人は今月から島に移住してきたばかりの若き(?)新婚夫婦です。
つい先月結婚式を挙げたばかりで、島に移住してきた強者夫婦。
2人とも今月からの島生活でまだ荷物もほどけていないような状態ですが、
ほぼ毎日soraniwa cafeのスタッフとして頑張ってくれています。
まだ歓迎会も出来てないので、詳しい人物紹介はまた後日にでも。
soraniwaのnew face、どうぞ宜しくお願いします。




さてさて夏らしいといえば、伊勢エビ漁も解禁されました。
早速島友達のK君が豪勢にもたくさんの伊勢エビを持ってきてくれました。
正直東京生活では伊勢エビなんてろくに食べた事がありませんでしたが、
こっちで生活するになっていろいろ豪勢な自然の頂き物を頂戴してます。
島友の皆様、ホント有難うございます。
豪華すぎますね。
やっぱ島life、ワイルドだろ〜!?




夏になって、cafeにはいろいろ新作スウィーツもデビューしてます。
こちらはマンゴーレアチーズケーキ。
相棒Kがふわっふわっ感を出す為に試作に試作を重ねた一品です。
手前味噌ですが、絶品です。
是非ご賞味くださいませ。


calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM