<< 歴史が変わる日〜旧き良きもの編〜 | main |

スポンサーサイト

  • 2015.02.03 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


歴史が変わる日〜来たるべきもの編〜




2015年1月31日。伊良部大橋がついに開通しました。
橋の構想から40年。着工から約9年。
6年前に島にやってきた我々にとっては既にこの大橋工事が着工していた訳でどのような経緯があったのか本当の意味で体感はしていません。沖縄のメディアでも地元の熱い要請と陳情によりこの架橋が実現したと簡単に伝えたりするところがありますが、島の人と話していると架橋に反対であった人も少なからずいたようで、この建設にいたる島の総意決定のプロセスを正確に知ることはできません。

ただ明らかなのはこの橋の開通によって、島での生活が大きく変化する事です。
高速船ではたった10分の船旅ですが、台風の時には数日、時には1週間近く途絶えてしまう人と物流の往き来。
大きな病院がなく、気軽に病院に行けない事。
多くの島人が通勤通学で船を使っている事。
物流費がかかるため、若干値段が高くなる島の物価事情。
いろんな事がこの橋の架橋によって劇的に変化し、多くのことは便利に快適になるはずです。




伊良部大橋の最上部(一番高いところは約40M)から見た伊良部島です。
開通式に先立つ事1週間、大橋ウォーキングと称して、橋を歩ける機会がありました。車のない橋を渡れることはこれからもないだろうということで急遽参加。好天に恵まれた日で、美しい海に挟まれた長ーい橋はやはり絵になります。



伊良部側の橋のたもとはこんな綺麗な海が広がっています。



しばらく工事中で見る事が出来なかった長山の浜(伊良部側)も橋の上からこんな風に見る事ができます。



この日は反対側まで渡る事は出来なかったのですが、多くの島人がカメラ片手に仮装したりして参加していて、まさにお祭りの前夜祭といった感じでした。



そして1月31日架橋当日。

大漁旗を掲げた船が集結し、隊列を組んで、大橋の開通式をお祝いしに向います。



横断幕を持った多くの島人が初めて橋を渡ってくる人達を待ち受けます。



そして開通。何だかドコかで見た事のあるニュース映像のような感じです。

ともかく橋は開通しました。
まだ2日ですが、島には今まで見たことがないほど車が溢れかえっています。勿論今はお祭り騒ぎなのでこれがずっとこんな感じとは思えないですが、僕ら島に住むものにとっても、いろんなモノに慣れる必要がありそうです。
ただ勿論島にあった緩やかな空気感といったものが損なわれないよう願っています。

<告知>
以前にもお伝えしましたが2月4日〜3月6日まで冬期休業いたします。
カフェ、ホテル共にお休みです。
架橋直後で申し訳ありませんが、このお祭り騒ぎが落ち着いた頃に自分達もしっかりと休養してお客様をお迎えするつもりです。ホテルのご予約についてはネット上で現在5月末まで受け付けておりますが、この期間お問い合わせ等についてはご連絡が数日遅れてしまう場合もございますので何卒ご了承ください。

スポンサーサイト

  • 2015.02.03 Tuesday
  • -
  • 08:20
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
ついにあの橋が完成したのですね!
soraniwaの立地的にも、ホテルはもちろん、カフェの需要が更に高まりますね♪
いやはや、マスターの将来設計には恐れ入ります(笑)

建設中に訪れた伊良部、今度はその橋を渡ることになるのかな?(笑)
  • お猿ぅ@
  • 2015/02/04 5:49 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM